検索
カテゴリ
以前の記事
Others
Admin

ブログ、3年ぶりの再開

3年ぶりの投稿です。

長かったですね・・・。

3年前、「一人ぼっちじゃない」というタイトルで投稿し、
その後、どうしてもここに打ち込むことができませんでした。

それが、今、ようやくできた。
本当に立ち直れるまでに3年かかった、ということなのでしょう。

3年前に何があったのか。

辞めたのです。
14年間、勤めさせていただいたパソコンスクールを。

先へ進みたくて。別の道に進みたくて。

自分の決断です。

でも、つらかった。本当につらかった。
身を切られるよう、という表現がありますが、
そんなものじゃなかった。
皮膚を剥がされるようだ、と感じました。

それから1年間は、胸にいつも氷があるような
ソフトボールほどの大きな氷の玉があるように感じていました。

14年間、全力で取り組んでいたのです。
全身全霊で授業に臨んでいたのです。
週1日か2日の講義に、文字通り、命をかけていたのです。

自分のすべてを失ってしまったように感じました。
私には、もう何もなくなってしまった、とさえ思いました。

おかしいですよね。

私を大事にしてくれる夫も息子もいるのに。
将来への夢もあり、その道へと踏み出した私なのに。

でも、死にたい、とさえ思ったのです。

そして、死にたい、と思いながら、
同時に、おかしい、とも思いました。

打ち込んでいた仕事を辞めて、すべてを失ったように感じること、
死にたいとまで思ってしまうこと。おかしい、と思いました。

でも、3年経って、やっとわかりました。
私は、依存していたのです。

依存。

私が担当していた科目は、
初心者向けの中でも、少しテクニカルな科目でした。
以前のパソコンスクールでは、それを担当できる講師が少なく、
私は重宝がられたのです。

きっと、そこに、自分の存在価値があるのだと思い込んだのでしょう。
自分に自信がないから。自己肯定感が低いから。
「できる人が少ない科目を担当できる自分」にすがったのでしょう。
必死に。必死にしがみついたのでしょう。
それを失ったら、自分にはもう存在価値がない。
そこまで思い詰めていたのでしょう。
当時は、まったく気づいていなかったけれど。

胸にあった大きな氷の塊は、1年半後に溶けました。
その後の1年半は、新しい道でのお仕事に邁進しました。
と同時に、今度は家族とも向き合うようになりました。

そして、今日。
ようやく、ブログを再開することができました。
振り返り、整理することができました。

2019年6月。再開です。

permalink

このページの先頭へ