検索
カテゴリ
以前の記事
Others
Admin

母の工夫(認知症の父と日々を過ごす)

父が、初期のアルツハイマー症と診断されて11年になります。
2004年、テレビを前に電話のかけ方を思い出そうとしている父を見て、
難色を示す母を説得し、物忘れ外来へ連れて行きました。

早めにアリセプトの服用を開始したことで、進行は緩やかだったと思います。
おかげさまで、今、施設を利用することなく、穏やかに二人で暮らしています。

とは言っても、もちろん、平穏無事なはずがありません。
この3年ほどは、話す言葉の意味が分からず、怒ることもあるようです。

たとえば服を着たままお風呂に入ろうとする父に、思わず母が、
「あら、お父さん、服を脱がないと!」と言うと、
「もういい!風呂には入らない!」と怒り出します。

父は、言葉の意味よりも、驚いたような声音に「怒られていると」と感じるようです。
以後、母は、父が何をしようと「ありがとう」「いいわよ」「こうしようか?」と
優しい声音で話しかけ、うまく誘導するように工夫しています。
それは、もう、とても考えられないほど、用心深く、忍耐強く、根気強く。

が、それでも、つい「あら!」と反射的に言ってしまうこともあります。
それを父から責められると、どうしてもつらくなることがあるそうです。
発症前は怒ることなど、まずなかった父です。
病気(認知症)のせいとは言え、母にはどれほどつらいことか。

先日は、腹を立てた父が、服を丸めて母に投げつけてきたそうです。
つい母もそれに応戦し、服を丸めて投げたところ、父はもうすべてを忘れていて、
服を丁寧にたたんで、「はい。服をたたんでおきましたよ」と言ったそうです。

「もう、キャッチボールもできないのよ。怒っても仕方がないの。怒るだけ損しちゃう」
と笑っていました。

その「服キャッチボール事件」の後、母は、庭に花の種を蒔いたそうです。
どうにも怒りが収まらない時、母は花の苗を植えるそうです。
「今、花がたくさん咲いているわよ。怒った数だけ花が咲くの」と笑っていました。

実家に行くと、庭に綺麗な花がいくつも咲いています。
風に吹かれて揺れる花びらが、まるで幼い女の子がクスクスと笑っているよう。
でも、今はそれを見るのが、とてもつらく感じます。
ただただ、つらく感じます。
permalink

そして、誕生日

今日、50歳になりました。

20歳、30歳、40歳と、これまで3回の節目を迎えましたが、
50歳は違いますね。重みが。まるで違います。

この1年は、50歳を迎えることについて、
 無事に迎えられることに感謝してみたり
 単なる通過点に過ぎないわよと軽く流そうとしてみたり
 道理で疲れが取れないはずだと嘆いてみたり
 誕生日は来ないことにしようと逃げてみたり
とにかく、心情的に忙しい一年でした。

でも、昨夜。

同僚の復帰祝いの席で、突然にバースデーケーキが。
ケーキには、大きな「5」と「0」のキャンドル。
同僚がサプライズで誕生日を祝ってくれたのです。
Happy Birthday の歌も。(みんな、上手だった~)

もうビックリしてビックリして、本当にビックリして、
とりあえず泣かないように必死になったりしました(笑)

しみじみ嬉しかった・・・。

その時までは、50歳になることから目を背けることにしていたのですが、
ケーキの上の「5」と「0」のキャンドルが、「はい!逃げない!」と
満面の笑みで私に語りかけてきたように感じました。いや、ホントに(笑)

同僚の年齢は上から、42歳、40歳、37歳、37歳、31歳、30歳。
一番近くても8歳差、一番若い人とは20歳差です。
それなのに、たぶん、私が一番落ち着きがなくアホっぽい。

でも、そんな私をいつも立ててくれて、そして、支えてくれる同僚。
良い講義をするために、生徒さんのためならどんなことでも、
と同じ気持ちで仕事ができる、大切な大切な仲間。

その仲間から祝ってもらえて。
こんなに幸せな50歳っているかしら。
って、泣かないようにがんばりながら、
大きな苺のケーキを「おいしい」と言いながらいただきました。

節目の年は、いつもこう思っていました。
 良い30代を送るために、20代はとにかくがんばろう
 良い40代を過ごすために、30代はがむしゃらにがんばろう
 良い50代にするために、40代、しっかりがんばろう
そして、50代。

これまでコツコツ積み重ねてきたこと、がんばってきたこと。
それが実るような50代にしたい。実りの50代にしたい。
そうして60歳を迎える時、自分に納得していたい。
60歳らしい貫録を湛え、納得の50代を過ごしてきたと胸を張れる自分でいたい。

よし。がんばろう!これからの10年もがんばるぞ!
permalink

自分で自分にビックリ(?)

長崎から届いた野菜のお礼に、義母に電話をかけた時のこと。

段ボールに入っていた野菜の料理方法についてひとしきり教えていただいた後、
ついでに(と言ったら夫に申し訳ないのだけれど)
その日が夫の誕生日であること、50歳になり本人は気落ちしていることを話すと、
「50年前に(夫の名)さんを産んで下さってありがとうございました」
と、考えてもいなかった言葉がすらっと口から出ていました。

電話を切った後、自分が自分の言葉にハッとさせられてしまいました(笑)
そうだよなぁ、感謝しなきゃだよなぁ・・と(笑)
permalink

はじめての将棋

最近、我が家で将棋が大流行しています。宿題が終わった後、息子(小2)と一局指すのが最近の日課なのですが、まあ、だいたい負けます。

私も息子も、始めたのは同時期。大人が子供に負けるはずはない。そう思うのですが、気づくと「王手」って。

息子から、「待った、してもいいよ。」「あーららー、それは動かさないほうが良かったのにー」「気づいてる?次で王手だよ」などと、完全にやりこめられておりまして(-_-;)

これは私の視野の狭さに問題があると気づき、大人の武器、「書籍で勉強する」を始めました。

今、私が読んでいるのが「将棋で脳をきたえよう」です。第一巻から始めて、三巻まできました。あと二巻あります。各章ごとに確認問題があるのですが、なかなか正解にならないので、実際に駒を並べて確認しています。

百里の道の一歩から!! 息子よ! この母の頑張りを見るが良い!! 次は勝つぞ!!
permalink

かめ違い

小2の息子の話です。

先日、遊びに来たお友達との会話の中で、
自分の星座を「海亀座」と答えていました。

水瓶座なのですが。

うみがめ
みずがめ

確かに音は似てますね(笑)
permalink
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22

このページの先頭へ