検索
カテゴリ
以前の記事
Others
Admin

本棚の整理は気を使う

先日、本棚を整理しました。

日本文学全集などは連番通りに並べるから良いとして、
問題は文庫本。これが、意外と気を使う。

三島由紀夫と川端康成はやっぱり隣同士よね、とか。
太宰治と志賀直哉、これはもう絶対に並べちゃダメ!とか。
向田邦子と久世光彦も並べて悪いことはないだろうけれども、
ぴったり隣り合わせにするのは無粋かな、とか。

右にあった本を左に移し、それをまた右に移し。
上の棚に移動してご機嫌を取ってみたり、
下の段に置きながら、申し訳ありませんとお詫びをしたり。

途中、たかが文庫本を並べるだけの作業でしょう、と
窓の外を見て気分一心、さあ、やるぞと本棚に向き直るのですが、
作家の名前を見ると、また眉間に皺が・・・・

そんなこんなで、ぐったり、疲れ果ててしまいました。

考えてみたら、かなり馬鹿馬鹿しいことです。
でも・・・。
意外と、同じような思いをされている方、いらっしゃるのでは?
あなたもそうではありませんか?
permalink

リアルで怖い

「DS、先にやっていい?30分やったら宿題をやる!
絶対に守るから!ね!お願い!」

と、息子(小学1年生)からのお願い。
そこで、すかさず母は「指きりげんまん」を提案。

息子の小指と、私の小指を繋げて・・・


  ゆーびきーりげんまーん
  うーそついたら はーりせんぼん・・


と、ここで息子から質問。

「うちに針、1,000本もあるの?」
「・・・ない」

すると、さらに質問が。

じゃあ、どうする?何本にする?
うちに針は何本あるの?針って飲めるの?
どうやって飲むの?水で飲むの?

協議の結果、こうなりました。


  指きりげんまん 嘘ついたら
  針1本 飲ーます
  指切った


「針千本」だとおまじないっぽいけれど、
「針1本(一本じゃなくて)」だとリアルで・・・



なんか怖い。
permalink

リフォームしました

昨年12月、自宅の一室をリフォームしました。
昨日追加の工事が終わり、全てのリフォームが完了。

20年来の悩みから、ようやく、ようやく解放されました。
やっと、やっと、やっと、やっと!!

結婚後に入居した賃貸マンション。
その後、購入した分譲マンション。

どちらもマンション特有の張りのため、家具の収まりが悪く、
何をどう整理・工夫しても納得のいく部屋にはなりませんでした。

眺望と日当たりは理想的。なのに間取りが・・。

購入は間違いだったのではないか。
眺望や日当たりより、間取りを優先させるべきではなかったのか。
もはや解決策は、一戸建てへの住み替えしかないのではないか。
どうしたら良いのか。どうすれば良いのか。

誇張ではなく本当にずっと悩み続けてきたのです。
ずっと、ずっと悩んできたのです。

そして、ようやく出した結論。
思い切ってリフォームする!

・家族みんなが南側の部屋にいられるように!
・子供部屋はリビングの隣に!
・納戸を作って婚礼家具、PCのパーツ、おもちゃなど雑貨は全て納戸に!

婚礼家具を置いていた和室を洋室に変更してPCルームに。


結果、大成功でした!
悩みがすべて綺麗に消えて無くなりました!

全ての物が合理的に機能的にすっきりと納まり、
日当たりと眺望を心ゆくまで堪能できる。
やっと心に平安が訪れました。大げさなようですが(笑)

一度しかない人生。まして、日々の暮らしに関わること。
我慢しないで、思いきって行動を起こして本当に良かった。
思い切ってリフォームして、本当に良かった。

これから、この家と共に生きていこう。
床のきしむ音や、壁についた小さな傷を愛していこう。
この家で、家族との思い出をたくさん作ろう。
この家を家族のように。大切に、大切にしていこう。
そう思えるようになりました。

今回、リフォームをお願いした会社です。

新日本リビック
http://www.shinnihon-ribic.co.jp/

20年前から実家が何かとお世話になっている会社なのですが、
この会社は、「改築する」だけでなく「暮らしやすくする」提案をしてくれます。
家だけでなく、暮らしをリフォームしてくれる会社、と言ったら良いでしょうか。

リフォームを終えて、今、感謝の気持ちでいっぱいです。
特に担当の神保さん。あれこれと迷い、決定事項を二転三転させても、
柔らかな声で「大丈夫ですよ」と親身にサポートをして下さいました。
リフォームに絡む家具の移動や電話線の敷設はもちろん、
ちょっとお願いしてみたロールスクリーンの設置も丁寧にやってくれました。

神保さん!工事をしてくださったみなさん!宮野社長!
ありがとうございました!!またよろしくお願いします!
permalink

2012年 良い年になりますように

2012年がスタートしました。

元旦にはいつものように初詣に行きましたが、
今年は家族の健康を祈るとともに、
一日も早い被災地の復興と原発の収束をお願いしました。

手を合わせる前は、あれこれ欲張りなお願いを考えていたのですが、
手を合わせた瞬間、とりあえず自分のことは自分でなんとかしますので、
と心の中でつぶやいていました。

すべては安心して暮らせる生活の基盤があってこそ。

被災されたみなさんが一日も早く故郷に帰れますように。
元の生活を取り戻せますように。
放射線量を気にせず子どもたちが安心して暮らせる日が来ますように。

2012年、良い年にしたいですね。
permalink

スティーブ・ジョブズ伝記

遅ればせながら、本日、書店にて購入しました。
1ページ目からいきなり引き込まれています。

_.jpg
permalink
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22

このページの先頭へ