カテゴリー: 家族のこと

少女時代の思い出

10月から産業カウンセラー養成講座を受講しています。初日、作文の宿題が出ました。テーマは「もっとも心に残っている少年・少女時代の思い出」です。  小学4年生で転居するまで、帰宅すると家にはいつも両親がいました。自営をして…

全文を読む

聴いてもらう

先日、ある講座を受講しました。その最初のアイスブレイクの時間のことです。 参加者が2名ペアになって、提示されたテーマについて、3分間、話すというものでしたが、私に異変が起きたのは「自分の名前は好きですか?」というテーマの…

全文を読む

見送った日に

胸騒ぎがして、母の病院に向かった日。日曜日の午後4時頃。 前を走る車のナンバーが、母の誕生日でした。病院の近くまで、ずっと前を走っていました。早く母の元へ。そう思っているのに、不思議と追い越そうとは思いませんでした。 「…

全文を読む

家族には難しい「共感」

夫が先日から、プライベート用PCがオンライン中に固まると言うので私の経験談を伝えた上で、「だから、Core i3 以上のPCを買えばいいよ」と言っているのですが、なんとか自力でスペックを上げたいようで。 しかし、実は私も…

全文を読む

できることを探す

母が腰椎圧迫骨折で入院しています。今月初め、6度目の手術を終えて退院した翌日でした。痛み、吐き気、目眩。「もう堪忍してもらいたい」母から聞く、初めての弱音です。 この6年。母は、誰をも憎まず、何をも恨まず、現実を受け入れ…

全文を読む

父を施設に

6月17日に「母の工夫(認知症の父と日々を暮らす)」を投稿しました。 http://www.misystem.jp/blog40/?eid=227 11月、母から電話が入りました。 「もうね、もう、お母さん、限界かもしれ…

全文を読む

自分で自分にビックリ(?)

長崎から届いた野菜のお礼に、義母に電話をかけた時のこと。 段ボールに入っていた野菜の料理方法についてひとしきり教えていただいた後、 ついでに(と言ったら夫に申し訳ないのだけれど) その日が夫の誕生日であること、50歳にな…

全文を読む

思いがけない贈り物

先日、中学生の姪から電話でインタビューを受けました。 なんでも夏休みの宿題とのことで、色々と仕事のことを聞かれました。 これが、なかなか難しい。 どれも核心に迫る鋭い質問ばかりで、じっくり考えながら答えました。 そして、…

全文を読む