認定心理士に

今日、公益社団法人 日本心理学会から「認定心理士認定証」が届きました。同封されていた「倫理規程」や、学会誌「心理学ワールド」を読んで、「心」に関する研修に登壇する人間としてのスタートラインにようやく立てた、そんな気持ちになりました。

認定心理士には以下の科目で申請しました。すべて放送大学での履修です。

心理学概論(’12) 
教育心理学概論(’14) 
心理学研究法(’14) 
心理統計法(’17) 
心理学実験1 
心理学実験2 
心理学実験3 
心理検査法基礎実習
認知心理学(’13) 
錯覚の科学(’14) 
生理心理学(’18) 
学力と学習支援の心理学(’14) 
発達心理学概論(’17) 
臨床心理学演習A 
臨床心理学演習B 
心理臨床の基礎(’14) 
心理臨床とイメージ(’16) 
心理カウンセリング序説(’15) 
認知行動療法(’14) 
乳幼児・児童の心理臨床(’17) 
思春期・青年期の心理臨床(’13) 
中高年の心理臨床(’14) 
精神分析とユング心理学(’17) 
人格心理学(’15) 
社会心理学(’14) 
交通心理学(’17)

アンガーマネジメントを伝えるにあたり、この知識は必ずしも必要ではありません。では、なぜ学んだのか? 理由は、知りたかったから。ただ、知りたかったから学んだのです。

パソコンインストラクター時代も同じことをしていました。WordやExcelを教えるのに、パソコンを解体してパーツの名前や働きを知る必要はありません。でも、私は何がどうしてこうなるのかを知りたかったのです。だから、パソコンを解体したり、逆に組み立てたりしました。私が心理学を学んだのも、それと同じです。何がどうなっているのか、心のしくみを知りたかった。それだけなのです。

今、やっとスタートラインです。これからも自分自身の怒りを通して、「怒り」と「心」について、深く考えていきたいと思います。55歳。まだまだ、これからです。

できることを探す

母が腰椎圧迫骨折で入院しています。今月初め、6度目の手術を終えて退院した翌日でした。痛み、吐き気、目眩。「もう堪忍してもらいたい」母から聞く、初めての弱音です。

この6年。母は、誰をも憎まず、何をも恨まず、現実を受け入れ、出来ることに取り組んで朗らかに生きてきました。「1日1つ。今日は布団をあげられた。今日は苗に水をやれた。そう思うと、よし!って元気が出るのよ」

それなのに、なぜ母をこんな目に遭わせるのか。神様がいるなら、胸ぐらをつかんで問い質したい。私は今、神様に猛烈に怒りを感じています。

怒りは、エネルギーになります。母の病気は、私の力で治すことはできません。でも、苦しみを和らげる方法が何かあるはず。私は、怒りのエネルギーを使って母を癒す方法を探したい。負けないぞ。

小さな決意

今日は都内のパソコンスクールにてネットワークの講義。好きな科目なので教えるのが楽しい。でも、パソコンを教える仕事はこれで終わりにする予定です。これからはアンガーマネジメント1本に絞ろうかと。

なぜなら、頭の中が「アンガーマネジメント」でいっぱいだから。ネットワークの授業準備をしていても、頭に浮かぶのは「べき、今度はこの事例にしてみよう」とか「行動の前、イントロダクションをこんなふうに変えてみよう」とか、そんなことばかり。

約20年間、パソコンの講義に全力で取り組んできました。どうしたら難しい専門用語をわかりやすく、楽しく教えられるか、日々考え続けていました。精一杯やったと、胸を張って言えます。だから、今度はアンガーマネジメントに持てる力を注ぎたい。

あと一日。最後の生徒さんは、これからIT業界で活躍したいと頑張る20代の若者たちです。明日、真心をこめて授業したいと思います。

情報セキュアドに合格

2016年10月16日に受験した「情報セキュリティマネジメント」の合格証書が届きました。記念に、受験体験記をアップしました。
http://misystem.jp/exam/

昨年からアンガーマネジメントを伝えるようになった私にとっては、おそらくこれが最後の情報系資格です。

1994年10月に取得した日商ワープロ検定2級に続いて1級も取得、その後はMOTや初級シスアド、Webデザイン技能検定などなど、全部で24資格。資格名を見ているだけで、当時の様々な思い出がよみがえります。楽しかったな。

これから私は「心」の世界に足を踏み入れます。50歳でアンガーマネジメントに出会い、51歳から大学で心理学を学び始める。すべてはアンガーマネジメントのため。一日一日を大切に。これからも努力を続けます。

2017年を振り返って

2017年も、たくさんのご縁をいただき、アンガーマネジメントをお伝えすることができました。また、日本アンガーマネジメント協会の公募案件にも初めて採用していただき、埼玉県長瀞町にてアンガーマネジメントをお伝えいたしました。アンガーマネジメントをぜひ今後にお役立ていただければ、と願っております。

今年は、入門講座を月3回ペースで開講いたしました。受講者数は、毎回数名です。ビジネスとして成立はしていません。それは、研修講師として恥ずべきことなのでしょう。努力不足の面もあるのだと思います。しかし、私は、これからも90分のアンガーマネジメント入門講座を定期的に開講し続けます。90分で不安から安堵の表情に変わる、そこに意義を感じるからです。

一口に「怒り」と言っても、強さも、深さも、本当に人それぞれの「怒り」がありました。書籍でもない、動画でもない、生身の人間同士で同じ空間で怒りについて語り合うことの意義深さをこの2017年は非常に強く感じました。

来年は、週1回のアンガーマネジメント入門講座開講が目標です。夜間開催を増やし、仕事帰りに受講できるよう準備をしたいと思います。アンガーマネジメントを学ぶと、自分の怒りを知ると、生き方が変わります。来年、お会いできますことを楽しみにしております。

準備にかける時間

今日は、いつものプラザノース(埼玉県さいたま市北区)にて、3名様にアンガーマネジメント入門講座でした。

アンガーマネジメント入門講座は、使用するテキストも、伝える内容も決まっています。しかし前日は、ほぼ一日を準備に費やしました。これはパソコンの講座でも同じです。30名に6時間でも、3名に90分でも、準備に注ぐエネルギーは同じです。

学んだことと経験したことを頭と心に詰め込むだけ詰め込んだら、あとは受講者様に合わせて、必要なものを取り出してお伝えする。受講者様が醸し出す「これ聞きたい」「これ知りたい」を読み取ってニーズに応えていく。

私の尊敬する講師は、幾度となく担当した初心者向けの科目であっても、前日に3回はリハーサルとするとおっしゃっていました。リハーサルをしなくても完璧にできる方なのですが、それでもリハーサルをするのです。完璧、は才能と努力の上に、さらに努力を重ねて磨かれてゆくものなのだな、と思いました。今から20年ほども前の話です。

講座は、前日から始まっている。それを忘れず、次回もしっかり準備して、講座に臨みたいと思います。

2016年を振り返って

今年も、今日で終わりですね。

私にとっては激動の一年でした。皮膚を剥がすように、古い自分から新しい自分へと生まれ変わるのを感じました。

それはヒリヒリとした痛みも伴いましたが、振り返れば、それこそが天から与えられた贈り物、光輝く宝石でした。

新しい出会いもたくさんありました。本当に大切なものにも気づかされました。進むべき道も見えてきました。

来年も、私は生きる!精一杯、生きる!やります!

来年もどうぞよろしくお願いします!

一人ぼっちじゃない

自分がつらい時、誰かに、思わず心が軽くなるように一言を言ってもらえたらな、
なんて甘ったれたことを考えてしまうことが、時々あります。
でも、自己中心的な生き方をしている私です。
寂しい時だけ、誰かに助けてもらおうなんて虫が良すぎる。
今のつらい気持ちは自業自得。甘んじて受けるべし。
そう自分に言い聞かせて、顔を上げて、背筋伸ばして・・・
でも、そんな時だからこそ。
何気ない笑顔や一言に救われてしまうことがあります。
先日、母が庭いじりをしていたら、通りがかりの女性が声をかけてきたそうです。
だいぶお元気になりましたね、と。
話したこともない、まったく面識のない人なので驚いていると、
これまで通りがかりによく、父の世話をする母の様子を見ていたそうです。
父は10年前から認知症で、3ヶ月ほど前に施設に入居したところでした。
「本当によくがんばっていらして・・」
そう言われて、母は思わず泣いてしまったそうです。
すると塀越しに(胸ぐらいの高さの塀)、その女性が母の肩を抱いて
一緒に泣いてくれたそうです。
私は一応、家族内では「クールな長女」というキャラで通っているので
ごく普通の声で「見ていないようで、人って見てくれているのね」と言ったのですが。
電話なので見えないのを良いことに、実はタオルで顔を覆って泣いてしまいました。
自分は一人ぼっちだ。誰も私の気持ちなんか分からない。
そう思ってしまうことがあるけど、それは違う。
誰も何も言わないだけで、遠くから、そっと気遣ってくれている人っているんですね。
決して一人ぼっちじゃないんですよね。

父を施設に

6月17日に「母の工夫(認知症の父と日々を暮らす)」を投稿しました。
http://www.misystem.jp/blog40/?eid=227
11月、母から電話が入りました。
「もうね、もう、お母さん、限界かもしれない」
すぐに動きました。
施設は、実はもう以前から決めていました。
これまで、私が施設の話を出そうものなら、全力で否定してきた母です。
大丈夫。まだ大丈夫。頑張れる。
そう言うのですが、母はどんどん痩せていく。
私は、もう母が泣こうが叫ぼうが、
年が明けたら父を施設に入れると心に決めていました。
幸い空きがあったので、面接や手続きを経て、
わずか2週間程度で入所することができました。
父が「家に帰る」と言い出すのではないかと不安で仕方がありませんでしたが、
さすがプロの方たちです。父は、とても上機嫌で私たちを見送ってくれました。
その後も穏やかに日々を過ごしているようです。
しばらくの間、母は眠れなかったようです。
本当にこれで良かったのか。もっと頑張れたのではないか。
そう思い、くよくよと悩んでしまうのだそうです。
それを聞いて逆に、
もっと早く父を施設に入れても良かったのかもしれないと思いました。
母から、父を無理に引き剥がすようなこと、
母の反対を押し切るようなことはしたくないと思っていたのです。
だから、母からSOSの電話が来た時、むしろホッとしました。
母が納得することが何よりも大切なことだと思っていたからです。
でも、実際は、それでも母は「これで良かったのか」と悩んでいる。
どうあっても母がつらいのなら、私がもっと早くに決断すれば良かった。
そうすれば母に、あんなに辛い思いをさせずに済んだ。
こんなに痩せさせてしまうこともなかった。
私は、決断の時期を間違えた。そう思いました。
今も、とても後悔しています。
父が入所してから、もうすぐ4ヶ月。
いつ行っても、父は穏やかにラウンジでお茶を飲んでいます。
施設の方々には、本当に感謝の気持ちしかありません。
母も、少しずつ食欲が戻り、わずかずつですが体重が増えているようです。
旅行が大好きだった母と、また旅行に行きたいな・・。
——
友人に施設の話をすると、利用料をよく聞かれます。
父がお世話になっているのは認知症対応グループホームで、月17~18万円です。