コンテンツへスキップ

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで始まったアンガー(anger・怒り)をマネジメント(management・管理)するための心理教育です。アメリカでは、経営者、医師、弁護士、スポーツ選手、俳優など、怒りをマネジメントできないことが致命的になる職業の人々がアンガーマネジメントを導入しています。

日本でも、企業、病院、学校などでアンガーマネジメント講座が実施されており、受講者数は2012年に年間8,000名、13年は約15,000名、14年は約50,000名、15年は100,000名を突破するなど倍々ゲームの勢いで増加しています。

アンガーマネジメントができるようになると、怒る必要のあることは上手に怒ることができ、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになります。また、他人や自分を傷つけたり、物に当たることなく、自分の怒りを上手に表現することができるようになります。

アンガーマネジメント入門講座では、どなたにも、今すぐ取り組めるテクニック、考え方をご紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です