コンテンツへスキップ

性格は後天的に獲得することも可能

怒りっぽいのは性格だから変えられない。そう思っていませんか?

確かに、性格は変えられません。ただし、それは「他人の性格」です。自分の性格は、変えられます。そのためのアンガーマネジメントトレーニングが、「プレイロール(理想のキャラクター)」です。

自分が理想とする人を演じる(真似をする)ことで「理想とする人になりきる」というものです。理想とする人は、芸能人やスポーツ選手、憧れの上司、歴史上の人物、アニメーションのキャラクターなど誰でも構いません。その人の発言、仕草、ふるまい、チャンスの活かし方、ピンチの乗り切り方などを徹底的に真似します。真似をすることで、その理想の人物の性格を後天的に獲得します。

私が、アンガーマネジメント的に理想とするのは、サッカーの三浦知良選手。どんな時も前向きにとらえ、ひたすらボールを追いかける姿は、まさに私の憧れです。イラッとしたり、怒りを長く引きずってしまいそうになった時、「カズだったら、ここでパッと気持ちを切り替えるだろうな」と思うだけで顔を上げることができるようになります。

理想の人物になりきる、プレイロール。良かったら、ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です