エム・アイ・システムは、埼玉県さいたま市北区でホームページ制作・スマートフォンサイトの企画・デザイン、ITセミナー等を提供しています。


facebook twitter ブログ日和 お問い合わせ エム・アイ・システム

セミナー情報

HOME < ITセミナー < アンガーマネジメント講座

人間が生まれつき持っている「怒り」の感情を理解し、上手にコントロールする方法を受講者自身の事例を通して学びます。

埼玉県では、まだまだ知名度が低いアンガーマネジメント。入門講座でしたら、わずか90分3,240円で学ぶことができます。

アンガーマネジメントに興味のある方はもちろん、「私にはアンガーマネジメントなんか絶対に必要ない!」と思っていらっしゃる方にこそ、ぜひ受講していただきたい講座です。

講座スケジュール

開催日会場講座名受講料
1/19(金)19:00~20:30大宮駅徒歩3分アンガーマネジメント入門講座3,240円
1/21(火)10:15~11:45プラザノースアンガーマネジメント入門講座3,240円
1/26(金)19:00~20:30大宮駅徒歩3分アンガーマネジメント入門講座3,240円
2/09(金)19:00~20:30大宮駅徒歩3分アンガーマネジメント入門講座3,240円
2/16(金)19:00~20:30大宮駅徒歩3分アンガーマネジメント入門講座3,240円
2/22(木)10:00~11:30大宮駅徒歩3分アンガーマネジメント入門講座3,240円
2/23(金)19:00~20:30大宮駅徒歩3分アンガーマネジメント入門講座3,240円

※応用講座、キッズインストラクター養成講座は3月開講の予定です。

お申し込みはこちらから

なぜ、アンガーマネジメントなのか

このページを開いていただき、ありがとうございます。エム・アイ・システム代表&アンガーマネジメント シニア ファシリテーターの南です。

私は、このエム・アイ・システムを立ち上げる以前より、パソコン講師として職業訓練校に勤めておりました。もう20年になります。パソコンのスキルを身に付けて、新しい職場で活躍していただきたいと講義に全力で取り組んでまいりました。

受講生のみなさんは、どの方も真面目で、熱心で、気配りもあって、笑顔も素敵な方ばかりでした。が、なかなか就職率は伸びません。なぜだろう?単に有効求人倍率の問題なのか?

疑問に思い、色々な方からお話をお聞かせいただくと、見えてきたのは、「怒り」でした。

前職で上司からひどく怒鳴られた。同僚からいじめられた。普通のことができない部下に常にイライラしていた、など。もしかすると、それが積極的な転職活動を踏みとどまらせている要因の1つではないか。そう考えました。

私に、何かできることはないだろうか?そう思っていた時です。偶然「アンガーマネジメント」を知りました。2015年2月14日土曜日、NHK朝のニュース番組を見ている時でした。ちょうどその頃、私も育児と仕事の両立がうまくいかず、悶々と悩んでいました。「これだ!」と、すぐにファシリテーター養成講座に申し込み、3月に受講、試験にパスし、5月に認定されました。

以降、職業訓練校で受講生のみなさんにアンガーマネジメントをお伝えしてきましたが、同時に一般公開講座も行いました。平日の昼です。子育て中の女性が多いのではないかと予想していましたが、実際は、働く女性、働く男性がほとんどでした。次第に、今、就業中の方のお力になりたい、怒りにまかせて、あるいは、怒りに耐えかねて仕事を辞めなくても良いように、アンガーマネジメントを一人でも多くの方にお伝えしたい、と思うようになりました。

アンガーマネジメントを受講して初めて気づくことがたくさんあります。私もそうでした。たいていのネガティブな感情は、知恵と工夫でうまく対処できます。それでも、どうしても消せない怒り、どうしてもコントロールできないイライラ。もし、そのようなものがあるのでしたら、ぜひ、アンガーマネジメントを受講してください。

アンガーマネジメントが開発されたのは70年代です。今日に至るまで、常に発展し、ブラッシュアップされてきた洗練された感情コントロールメソッドです。職場でも家庭でも、どこにいても、きっとお役に立てるはずです。

エム・アイ・システム 代表
南 美詠子

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで開発された「怒りの感情」とうまく付き合うための「感情理解教育」プログラムです。(日本でも、文部科学省がアンガーマネジメントを「感情理解教育」と翻訳しています。)

開発当初は、DV(ドメスティックバイオレンス)や差別、軽犯罪者に対する矯正プログラムとしてカリフォルニア州を中心に確立されました。その後、感情をマネジメントできないことが致命的となる職業の人々(医師、弁護士、政治家、俳優、プロスポーツ選手など)が導入。現在では全米の教育機関や企業でも広く導入され、教育・職場環境の改善、学習・業務パフォーマンスの向上を目的に活用されています。

日本でも、自治体、教育機関、病院、企業などでアンガーマネジメント研修を導入する例が増えています。
※追記:2017年4月、日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事が、厚生労働省「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討委員会」の委員に就任しました。

いじめ、体罰、パワハラを防ぎたい。周囲の人と良好な関係を築きたい。仕事やスポーツで実力を発揮したい。子どもを上手に叱りたい。 そんな方に、アンガーマネジメントはきっとお役に立てるはずです。

アンガーマネジメント入門講座の内容

・アンガーマネジメントとは?
・アンガーマネジメント3つの暗号
・怒りの感情って何?
・怒ってはダメなのか?
・問題となる4つの怒り
・怒りは第二次感情
・カッとなったときに待つテクニック
・私たちを怒らせるものの正体
・怒りの性質 etc.